お手軽

乳酸菌て何?

乳酸菌という名前を聞くことは多いでしょう。
そしてそれがカラダによいということも恐らく有名なことではないかと思います。
では、そもそも乳酸菌とはどのようなものなのでしょうか?

乳酸菌と一言で言っても、その種類はなんと200以上もあると言われています。
果糖やぶどう糖などを分解。
そこから作り出す代謝物の半分以上が、乳酸であることも定義の一つです。
また、毒性物質は作り出さない。
自分で動くこともなく、「通性嫌気性」を特徴としていることなどがあげられます。
通性嫌気性とは、酸素があるところでも生きることができる性質を持っていることです。

また、乳酸菌には「植物性乳酸菌」と「動物性乳酸菌」とがあります。
植物性乳酸菌とは、漬け物や味噌・醤油などの他、キムチなどに含まれています。
温度変化にも影響されにくい上、アルカリ酸や酸にも負けにくいので、腸の中で元気に働いてくれるメリットがあります。

動物性乳酸菌は、ヨーグルトをはじめナチュラルチーズや発酵バターなどに含まれています。
こちらは、植物性乳酸菌と比べてたくさん食べやすいというメリットがあります。
上手に食事に取り入れて、健康的な体作りが可能です。
毎日ヨーグルトを食べるなどの方法もあります。
動物性と植物性ではどちらの方がいいの?
と思う方もいると思いますが、できることならどちらもバランスよく摂ってほしいです。
どちらかに絞るのであれば、植物性乳酸菌の方が丈夫で腸まで届きやすいのでおすすめします。
昔ながらの和食中心の食生活を心がけることで自然と摂れますので、体のことを考えて和食を食べるように心がけてください。